六尺堂は2006年8月から
青年団五反田団・前田司郎氏より賃借する町工場跡地を
舞台美術家・舞台監督の活動拠点としてリノベーションし
使用者による自主管理によって、運営している場所です




2010/08/29

舞台と空間のワークショップ10夏

六尺堂で行われ、主催に加わる催し 「舞台と空間のワークショップ10夏」のお知らせです。
 
ワークショップ・プログラムA「技の夢」/ワークショップ・プログラムB「技の裏」

パフォーミング・アートのクリエイター達を呼んで、様々な角度からパフォーミング・アートの魅力に迫る真夏の2日間×2回。2010~2011年と2年連続でワークショップ内容を継続・変幻させていこうという「雪だるま式」ワークショップの第1弾として開催します。

--------------------

ワークショップ・プログラムA「技の夢」 
美 術、ダンス、演劇、建築、環境…それぞれの技は融合し、互いに作用し、それぞれがクリエーション全体を変質させるきっかけを含んでいます。このワーク ショップでは、テーマから参加者と共に考え、ジャンルを横断し、重ね塗りしながら、「技の絡み合いが"世界"をどう変容させるのか?」大きく大きく転がし ていきたいと思います。

■日時

8月7日(土)9:00〜20:00
WS1「そこにある空間から」 ナビゲーター:S.A.I. & 有形デザイン機構メンバー
WS2「考えるチカラと感じるチカラ」 ナビゲーター:横田修タテヨコ企画
8月8日(日)9:00~20:00
WS3「一見、弱そうな味方。」 ナビゲーター:白神ももこモモンガ・コンプレックス
●「技の夢」総合WS

--------------------

ワークショップ・プログラムB「技の裏」
舞 台美術研究工房六尺堂とS.A.I.(セノグラフィックアート研究所)が主催する、舞台美術の研究ワークショップ第1弾!! "世界"を立ち上げる" 技 "、その背景にあるテクニック~プランニング等をワークショップを通して考え、体験しながら、「"技"が立ち上がる」裏側を探っていきます。

■日時 
8月28日(土)9:00〜20:00
WS1「セノグラフィック(舞台美術)のアイデアを探しに」
ナビゲーター:チーム「彩」(長内香苗、濱崎賢二、青木拓也、松本謙一郎、杉山至)
内容:空間のスケッチワークショップ、素材・模型ワークショップから、
セノグラフィー的発想を体験、発見していきます。
WS2「ウラのワザ~自己流の作法~」
ナビゲーター:チーム「祭」(坂本遼、松原優介、鎌田朋子、袴田長武
内容:「原寸大」・「等身大」をキーワードに、モノヅクリの実践的技術・発想にふれていきます。
8月29日(日)9:00〜20:00 ※終了後、アフタートーク&懇親会あり
総合WS「舞台美術的コラボ」
内容: 1日目のワークショップの結果を受け、受講生と共にその場で課題を探りながら行う、
実験的ワークショップ。セノグラフィーの可能性を探っていきます。

--------------------

■料金 
A「技の夢」 一般¥3,000 学生¥2,500
B「技の裏」 一般¥3,000 学生¥2,500
A「技の夢」+B「技の裏」   一般¥5,000 学生¥4,000

■定員:各回30名(経験不問)

■問い合わせ・申し込み こまばアゴラ劇場 03-3467-2743 summit_ws10s@komaba-agora.com
参加希望のプログラム、お名前、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、メールか電話でお申し込みください。
*定員に達し次第、募集終了とさせていただきます。


■会場 舞台美術研究工房六尺堂 東京都品川区東五反田2-21-17

■連絡事項:動きやすい服装でご参加ください。鉛筆・スケッチブックをご持参ください。


●ディレクター:杉山至 
●プログラムアレンジ:野村政之 
●ワークショップ事務局:木元太郎、有賀千鶴
●主催:S.A.I. NPO風土・環境フォーラム NPO有形デザイン機構 舞台美術研究工房六尺堂 (有)アゴラ企画 こまばアゴラ劇場

2010/08/21

技の裏WS

六尺堂で行われ、主催に加わる企画 「舞台と空間のワークショップ10夏」  
ワークショップ・プログラムB も日程迫ってまいりました。

「技の裏」WS
舞台美術研究工房六尺堂とS.A.I.(セノグラフィックアート研究所)が主催する、舞台美術の研究ワークショップ第1弾!! "世界"を立ち上げる" 技 "、その背景にあるテクニック~プランニング等をワークショップを通して考え、体験しながら、「"技"が立ち上がる」裏側を探っていきます。

六尺堂を活動拠点に、都内小劇場を中心として幅広く、舞台美術プラン・装置製作を行っている9人の現役舞台美術家「セノグラファー」がナビゲーターとなって、実際の創作現場から発想を立ち上げたプログラムになります。

■日時 
8月28日(土)9:00〜20:00
WS1「セノグラフィック(舞台美術)のアイデアを探しに」
ナビゲーター:チーム「彩」(濱崎賢二、青木拓也、松本謙一郎、杉山至)
内容:空間のスケッチワークショップ、素材・模型ワークショップから、
セノグラフィー的発想を体験、発見していきます。


WS2「ウラのワザ~自己流の作法~」
ナビゲーター:チーム「祭」(坂本遼、松原優介、鎌田朋子、鈴木健介袴田長武
内容:「原寸大」・「等身大」をキーワードに、モノヅクリの実践的技術・発想にふれていきます。

8月29日(日)9:00〜20:00 ※終了後、アフタートーク&懇親会あり

総合WS「舞台美術的コラボ」
内容: 1日目のワークショップの結果を受け、受講生と共にその場で課題を探りながら行う、実験的ワークショップ。
セノグラフィーの可能性を探っていきます。

--------------------

■料金 一般¥3,000 学生¥2,500

■定員:各回30名(経験不問)

■問い合わせ・申し込み こまばアゴラ劇場 03-3467-2743 summit_ws10s@komaba-agora.com
参加希望のプログラム、お名前、ご連絡先(電話番号・メールアドレス)を明記の上、メールか電話でお申し込みください。
*定員に達し次第、募集終了とさせていただきます。


■会場 舞台美術研究工房六尺堂 東京都品川区東五反田2-21-17

■連絡事項:動きやすい服装でご参加ください。鉛筆・スケッチブックをご持参ください。


●ディレクター:杉山至 
●プログラムアレンジ:野村政之 
●ワークショップ事務局:木元太郎、有賀千鶴
●主催:S.A.I. NPO風土・環境フォーラム NPO有形デザイン機構 舞台美術研究工房六尺堂 (有)アゴラ企画 こまばアゴラ劇場